スタッフ紹介 Staff

「介護はもっとよくできる」。
その想いをもって、毎日新しいことにチャレンジする

芳賀 浩子(入社6年目)

Hiroko Haga

デイサービスセンターポエム

介護福祉士

介護福祉士として、利用者さんの身の回りのお世話するのが、毎日の仕事です。入浴介助や、歌やゲームなどのレクリエーション、サービス利用中の体調管理、送迎などを担当しています。
多くの利用者さんにふれあい、ときに感謝の言葉をかけていただき、最初は後ろ向きだった介護への考えが変わって、いまはいい仕事だと感じています。チャレンジ精神のあるメンバーに囲まれて、自分がよいと思い描くケアを実現できるよう、日々挑戦しています。

はじめは「ない」と思っていた介護の仕事。
現場での体験で、自分がよいと思える
介護のかたちに気がつく

介護の仕事を始めたきっかけは、そんなに前向きなものではありません。とにかくどこかに就職しなくちゃというのが理由です。
大学の授業で福祉(介護)について少し学んだことがあり、全く知らない世界ではありませんでした。ただ在学中に、ホームヘルパーの資格をとるために介護施設に実習に行き、介護の仕事は絶対にないと考えていました。施設の職員さんが厳しかったこともあったのですが、施設や利用者さんの雰囲気が暗くて。介護の仕事はどこでもこんなに暗い感じだろうと、イメージをもっていました。

実際に入った職場も、イメージとそんなに違いはありませんでした。職場も利用者さんもどことなく暗い。
ただ、思いを変える出来事がありました。あるとき、ケアマネジャーさんから利用者さんへのサービスについて相談されました。どんなサービスがいいか、私なりに考えてケアマネさんに伝えたところ、なるほど、と意見を採用してくれました。このとき「こういうふうに考えれば利用者さんに合った介護ができる」「それができれば介護の現場はすごくよくなる」と思いました。

それで会社や仲間にいろいろとはたらきかけたのですが、現場を変えることはできませんでした。当時、私の仕事は事務で、現場のことをよくわかりませんでした。経験や知識が不足していました。ならば、現場のことをもっと知りたいと、ほかの職場に移ることを決めました。

あたたかく、個性的なメンバーとともに
自分の思い描く介護の実現を目指す

はなひろに入社するまでに、デイサービスを中心に5、6社の職場を経験しました。職場はいくつか変わりましたが、利用者さんとふれあう機会が増え、「利用者さんの力になりたい。介護の仕事はいいな」って、だんだんと思うようになりました。

ただ、自分の思い描く「その人に合った介護」は、なかなか実現できていませんでした。どこも利用者さんの人数が多く、一人ひとりとじっくりかかわれる時間がなく、パターンにしたがって、毎日決まった時間に決まったケアするという感じでした。

はなひろを知ったのは、施設管理者の菅野愛子さんに声をかけてもらったことがきっかけです。以前、職場が同じだった菅野さんに、一緒に働いてみないかと誘われました。

はなひろは、少人数で雰囲気もよく、これまでの施設と違って利用者さんもメンバーも生きいきとしているという印象を受けました。自分が理想とする介護が実現できる場だと感じました。

メンバーはみんな個性的ですが、優しくて、あたたかく、はなひろは家族的な場所だと思います。出産で育休・産休をとったときも、「安心して休んできて」って声をかけてくれました。育休が明けても、子どもが体調を崩すたび仕事を抜けなければいけなかったのですが、みんなも大変なのに「大丈夫だよ」って送り出してくれて、サポートしてくれました。

なにより、はなひろは、いろいろとチャレンジできる職場だと思います。社内研修などを開いて、もっとできることはないか探し、挑戦しているメンバーの姿をみると、私も利用者さんのためにもっと動かなければという想いが強くなります。

チャレンジ精神をもって
認知症の利用者さんへのよりよい介護を模索する

いま私がチャレンジしているテーマの一つは、「認知症の利用者さんへの介護をもっとよくすること」です。

そのために、大切にしていることは、「利用者さんのことをよく知ろうと思う」こと。それまでにいろいろな経験があって、いまの利用者さんがいる。いろいろな人生を歩んできた人である。そう考えるように心がけています。

認知症の利用者さんのなかには、ときどきすごい汚い言葉を使われる方がいます。でもご家族にお話をうかがうと、「昔は、こういう感じの人だった」とか「家族想いで、いろんなところへ旅行に連れて行ってもらった」という別の側面を知ることができます。利用者さんをよりよくサポートするには、そういう昔の姿も知っている必要があると思っています。

利用者さんのことを知るためには、アセスメントなどの基本情報以外にも、ご家族にお話をうかがっています。好きな映画や昔旅行に行った話とかを、送迎時にさりげなく聞いています。
利用者さん本人にも、昔はどうでしたかって話しかけています。普段からアンテナを張って、ちょっとしたタイミングを使って、情報収集しています。

いまじつは壁にぶつかっています。認知症の利用者さんと、そうでない利用者さんとが一緒に楽しく過ごせるためにどうすればいいか、悩んでいます。

少人数でのサービスは、一人ひとりと深くかかわれるメリットがありますが、一方で、関係がうまくいかないときは大変です。認知症の利用者さんとそうでない利用者さんがいると、認知症の利用者さんが少し浮いちゃう感じになりがちです。

これは認知症という病気への理解が広まっていないこともあり、なかなか難しい課題で、毎日試行錯誤しています。でもいつか実現できるようチャレンジしていきます。